2010年活動


by zxqv3smlof

スターゲイト アトランティス

『スターゲイト アトランティス』 (Stargate Atlantis) は、アメリカ(撮影はカナダ)で制作され、2004年から2008年にかけて放送されていたSFテレビドラマ(海外ドラマ)。スターゲイト SG-1」からのスピンオフ作品であり、謎の大陸アトランティスは他の銀河系にある都市型宇宙船という構想の元、隊員たちの活躍を描く。2009年4月現在、米国ではシーズン5まで放送終了[1]。日本ではAXNでシーズン3をリピート放送中、シーズン4は2009年10月から放送予定。シーズン6の製作がキャンセルされたため、シーズン5が最終シーズンとなる。またシーズン5を追いかける形の時系列で映画の製作が決定した[2]。注意:以降の記述で物語・作品・登場人物に関する核心部分が明かされています。ストーリースターゲイト SG-1シーズン7の終盤で発見されたエンシェントの遺跡より、ゲイトを作った彼らエンシェントの失われた都市がペガサス銀河(NGC 7331)にある事が判明。しかしSG-1が発見した遺跡は南極にあったことから、SGC (StarGate Command)単独での調査は南極条約により事実上不可能であった。そこでIOA(先進国らにより設立された国際監視委員会)主体で、エリザベス・ウィアーを隊長とする探検隊が結成された。地球が属する天の川銀河から、エンシェントの失われた都市があるペガサス銀河へのゲイト接続には、通常よりも多大なエネルギーを必要とした。これは南極に残存するゼロ・ポイント・モジュール(ZPM)を使用することで解決した。しかし地球からの接続は往路一度きりに限られ、探検隊は帰還の保証がないまま、アトランティスへと旅立った。いざアトランティスに到着してみると、都市は海底数百メートルに位置しており、都市を水圧から守るフォースシールドのエネルギー源(ZPM)が残りわずかであること、エンシェントは強大な敵に破れてアトランティスを放棄したことがわかった。さらに探検隊の到着によりエネルギー消費量が増大したため、シールドが弱まり、都市への浸水がさらに進んでしまう。地球へ戻ろうにもエネルギーが足りず、ペガサス銀河内でのZPM探索が急務となる。しかしペガサス銀河にはエンシェントを破った敵、レイスが数万年を経てなおも存在しており、人間の生命を糧とし、虐殺を続けているのだった。ZPMを求め

昏睡強盗でスナック経営者ら逮捕 手製カードリーダーで暗証番号盗み見る(産経新聞)
「男としてダッセー」逮捕少年ブログ?…宮城殺傷(読売新聞)
未来見つめ続ける像 桂浜(産経新聞)
西日本などで部分日食=日没直前、那覇で最大6割(時事通信)
石川議員 辞職、離党を否定 保釈後、初会見 (毎日新聞)
[PR]
by zxqv3smlof | 2010-03-02 00:12