2010年活動


by zxqv3smlof

<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 【新潟】江戸時代に使われていた和時計の一種で、自動的に太鼓をたたいて時刻を知らせる太鼓時計を、長岡市江陽1で時計修理店を営む角屋祥次さん(60)が復元した。設計図がないなか、自ら仕組みを考えて製作。内部に仕掛けたかねや太鼓が「チン、トントン」と鳴り、優雅に時を刻んでいる。10日は時の記念日。【岡村昌彦】

 江戸時代まで、日本では夜明けと日暮れの間をそれぞれ6等分する「不定時法」が用いられていた。不定時法では、季節によって昼と夜の長さが異なり、単位時間の長さも変わる。西洋から機械式時計が伝来した16世紀中ごろ以降も、改良を加えて不定時法に対応した「和時計」を開発、使用していた。

 角屋さんが復元した太鼓時計は、国立科学博物館(東京・上野)に実物が保存されている。実物は1793(寛政5)年に作られたものだが、今は内部が空洞になっており、肝心の仕掛けの仕組みは不明。しかし、角屋さんは、鉛の重りを動力源にして、昼用と夜用の二つのてんびんを使って作動する仕掛けを考案。かねと、太鼓を内部からたたくばちを連動させ、正時になると「チン、トントン」と鳴り、さらに太鼓の上部に取り付けた鳥が動くようになっている。1日たつと、重りを上げててんびんの位置を調整する。高さ108センチで太鼓の直径は45センチ、厚さは20センチ。

 角屋さんによると、昼と夜に分ける基準になる夜明け(明け六つ)と日暮れ(暮れ六つ)で、内部のてんびんを自動的に切り替える仕掛けが難しかったという。かねと太鼓が鳴るのは角屋さん独自の仕掛けで、江戸時代に実際はどう鳴っていたのかは分かっていない。文献によると、上部の鳥が鳴く仕掛けだったという記録もあるという。

 角屋さんは、約35年前に客の依頼で初めて和時計を修理。以降、和時計に魅せられ、これまで200個以上の和時計の修理を手掛けてきた。角屋さんは「手作りの和時計は奥が深い」と話している。

<嘱託殺人>「苦しむ父、見かねた」容疑の少年(毎日新聞)
<東西線>車両点検の影響で運転中止 煙のようなもの発生?(毎日新聞)
<AIM>脂肪塊溶かすたんぱく質 やせ薬候補に新薬開発へ(毎日新聞)
少子化担当は玄葉氏が兼務(時事通信)
妊婦健診、全市区町村で公費負担「望ましい」回数(医療介護CBニュース)
[PR]
by zxqv3smlof | 2010-06-15 11:02
 【済州島(韓国南部)時事】鳩山由紀夫首相は30日午前、米軍普天間飛行場の移設にからみ連立離脱の方針を固めた社民党への対応について、「これから社民党の(全国)幹事長会議が開かれる。その結果を見て判断することだから、今ここで言うのは適当ではない」と述べ、同党の判断を見守る考えを示した。訪問先の韓国・済州島で同行記者団に語った。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相、福島担当相を罷免〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
普天間「最低以下」の結果で問われる鳩山首相の進退

大阪府立大で2人組強盗 未明、院生を羽交い締め(産経新聞)
拉致支援法案、衆院委で可決
「手には血…体の中に何かが入った」 刺された瞬間を証言 秋葉原殺傷事件(産経新聞)
皇太子さま、シンポジウムにご出席 アフリカテーマに国連大学で(産経新聞)
女子高生、強盗なだめナイフ取り上げ=後日呼び出し、男を逮捕―兵庫県警(時事通信)
[PR]
by zxqv3smlof | 2010-06-02 09:41